プロフィール

SWAG代表

   [ 長谷川 貴大 | Hasegawa Takahiro ]  

はじめまして。SWAG代表の長谷川貴大です。

僕がSWAGを立ち上げた背景とその理由について説明します。

僕たちは小中学校の義務教育の過程において、通常学級と

障害をお持ちの方が過ごす特別支援学級との関わりは

ほとんどなく卒業していきます。

そして大人になった時に

障害をお持ちの方と関わろうとしても、

関わったことのない僕たちにとっては、

とても大きな壁だったりします。

 

時にはこういうところに

差別的な卑劣が生まれたりします。

僕は、そこにとても違和感を感じていました。

 

僕が障害者施設で働き始めたきっかけは、

幼少期の頃にさかのぼります。

ご近所には障害者施設があり、

その障害者施設がよく実家の前にある公園を利用していました。

その公園で僕も友達と遊んだりと

間接的に障害をお持ちの方と

関わりを持てたのが今振り返ってみるときっかけだったのかなと思います。

 

あの公園があったから

僕自身、障害者や健常者の垣根を越え、

人間として当たり前に関わることができたと思います。

 

SWAGも誰もが立ち寄れて

交流のできる場所にしたいと思いました。

 

僕自身、結婚して子供を授かり我が子に

障害があったらと考えた時に、

決して他人事ではなく、

誰もが生きやすい社会がいいなと強く思いました。

 

しかし初めは多額の借金を背負ってのスタートでした。

初期の事業計画も乏しく

開所して数ヶ月の間はメンバーが0人が続き、

始まる前に「このままでは倒産だ。」

なんて思っていましたが、

初利用いただいた利用者様の

保護者様が同じ福祉経営者の方で、

ご理解を頂き、たくさんのメンバーを

紹介いただけるようになり、

現在に至ります。

現在ご利用いただいてるメンバー方に

心から感謝すると共に、

SWAGを利用することで自分に自信が持て、

活き活きと輝けるそんな

イケてる福祉施設をこれからも築いていきたいと思います。

福祉の実務経験

資格:介護福祉士国家資格所有
福祉歴12年目 
障害者福祉 7年(生活介護、就労B型、短期入所、グループホーム)
高齢者福祉 5年 夜勤専従(有料老人ホーム、認知症、ショートステイ)

 

SWAGの意味
swag(スワッグ)は日本語表記で「やばい」的な感じで広い意味で使われ、
「かっこいい」「イケてる」「おしゃれ」の意味で使います。
SWAGを通じてかっこいい人生を歩んで頂きたい想いから引用して名づけました。

SWAGを利用して頂き自信をつけて

次のステップへ向かって欲しい意味を込めました。
おかげさまで、生活介護へ移行した方、

就労へ行こうした方、アルバイトを始めた方などの実績があります。

 

他では表現できないSWAGだから出せる色を

大切に活動を発信していきます。

 

SWAG代表 長谷川貴大